2006年04月28日

次期展示カスタムマシン02 BROOKS/TEAM PROFESSIONAL

コンプリートバイク(完成車)を買って、どのパーツを一番初めに替え
るかというと、私の場合はサドルです。
 初心者の場合は、乗り心地(おしりの痛さ軽減)という観点でサドルを
替えるケースが多いと思います。が、実は、サドル云々より乗り手の問題
の方が大きいのですが、サドルを色々と替えながら慣れて行くと言うのが
皆が通る道ではないでしょうか。結局、色々と替えた末に最初のサドルが
一番良かったりします。

 もっともここ2,3年の完成車のサドルは以前に比べて良いものが
ついていますので、乗り心地という観点ではそのままで充分使えるもの
が多いです。
 では、なんでサドルを替えるかとというと、「軽さ」です。
地面を支点として考えるとサドルは最先端部分になりますので、
体感上の重量差は思いのほか大きいのです。完成車の付属品で大体
350gくらい、アフターパーツで購入すると軽量サドルの目処が200g
アンダーぐらいですので重量の差はわずか150gなんですが。

 前項でSLRをセレクトしましたが、次期カスタムバイクのコンセプト
を練り直しBROOKSのTEAM PROFESSIONALをセレクトしました。
 
 「軽く、体にやさしいサドル」という定石の裏を行くことにしました。

 ちなみにおしりが痛いので皮サドルを探してこられる方がいらっしゃ
いますが、イメージに反して皮サドルはガチガチに硬いです。
 皮サドルを愛用される方は柔らかさというより、永年使っていると
おしりの形に合ってくるということで使われるようです。20数年使った
という見事に変形した皮サドルに乗せてもらったことがあるのですが、
硬かったです。ランドナーマニアの方々の間では67年(例)のBROOKSが
最高だとかワインのように当たり年があるそうです。

基本的には慣らしの為にオイルを塗ってはいけないそうで。
P4270001_1_1.JPG



ちなみにカタログ値で550gでSLRの3倍の重さです。
P4270009_1_1.JPG

次期展示カスタムマシンは試乗OK!乞う ご期待!

次期展示マシンを当てた方には、現車をなんとプレゼント。
ヒントは店内にあるかも?

応募あて先はこちら↓
大阪府吹田市千里山松ヶ丘26-21
CSカンザキ阪急千里山店内
「次期展示カスタムマシンあてクイズ募集の係」

CSカンザキ阪急千里山店
タグ:BROOKS サドル
posted by デューク栗本 at 00:51| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタムバイク展示車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

次期展示カスタムマシン01 Selle Italia/SLR XP

次期展示カスタムマシンチューン開始!

まずはサドルを用意しました。
Selle ItaliaのSLR XPです。
なんのギミックもないサドルですが意外と長距離も行けます。
とは言っても走行距離が120キロ越えると気になるかな・・・(当社比)
P4260065_1_1.JPG

サドル後部に165グラムとプリントされています。
実測もぴったり165グラムです。律儀なイタリア人のハンドメイドらしいです。
P4260078_1_1.JPG



次期展示カスタムマシンは試乗OK!乞う ご期待!

次期展示マシンを当てた方には、現車をなんとプレゼント。
ヒントは店内にあるかも?

応募あて先はこちら↓
大阪府吹田市千里山松ヶ丘26-21
CSカンザキ阪急千里山店内
「次期展示カスタムマシンあてクイズ募集の係」

CSカンザキ阪急千里山店



自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 23:43| ロサンゼルス ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カスタムバイク展示車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

BIKE FRIDAY PocketRocketカスタム展示終了のお知らせ

IMG_0511_1_1.JPG
お店に展示しております BIKE FRIDAY PocketRocketカスタムモデル
の展示を一旦終了させていただきました。
次期展示マシンは、驚愕のカスタムマシンを予定。
試乗もOK!乞う ご期待!

展示マシンを当てた方には、現車をなんとプレゼント。
ヒントは店内にあるかも?

応募あて先はこちら↓
大阪府吹田市千里山松ヶ丘26-21
CSカンザキ阪急千里山店内
「次期展示カスタムマシンあてクイズ募集の係」

CSカンザキ阪急千里山店



自転車blogランキング

posted by デューク栗本 at 23:35| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SHIFT MATE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

21台目の自転車16 Pinarello Prince SL カンパニョーロ レコード

カンパニョーロ レコードをフレームにインストールします。

1.jpg
1、店長もびっくり!!何でここまでカーボン!!

b2.jpg
2、見て!!見て!!カーボンです。
このカーボンボディーを見ていただくために組み立て過程をお見せしていると言っても過言ではありません。
このカーボンボディこそが、レコードスペックのコダワリ!
セカンドグレードのコーラスより単体重量が30グラム軽くなります。
価格差は・・・
フレームにインストールされると、もちろん見ることは出来ません。
BBをチラ見せするために、昔のクロモリフレームのようにBB肉抜き加工をしたくなります。

b3.jpg
3、まずは両サイドにねじ込みます。
みなさん知ってましたか!!カンパのBBのねじ山にグリスをつけちゃうと保証がきかないぞ〜〜〜
私も最近知ってびっくりしております!!

b4.jpg
4、右側から締め付けます。

b5.jpg
5、次の左側を締め付けます。

b8.jpg
8、完成です!!

CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 23:24| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Pinarello Prince SL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

王滝100キロのバイク選び05 byBK

[本稿はお客様の投稿記事です]

王滝用マラソン系MTB候補検討その4

■BRIDGESTONE ANCHOR XNC7
クロモリならではの細身のフレームが美しい正統派ハードテールXCバイク
シドニーオリンピックで鈴木雷太選手が駆った名車でもある

クロモリ(鉄)ならではの強さとしなやかさ=柔剛併せ持つフレームだ
完成車ではシマノXTをアッセンブルするなど即、レースでも山でも行ける

王滝ではWサスペンションのバイクが優勝するなど世はWサス全盛だが
ハードテールで王滝に挑戦したい。しかし、硬すぎずかつカーボンよりも
剛性が欲しいというハードテール大好き野郎は迷わずチョイスして欲しい。
いやすべきだ。しろ!

まあ、以上グダグダ書いたが、こいつの魅力はやっぱり華奢なまでの細身の
チューブと計算された接合方法でBB周り以外は溶接跡が見当たらない美し
いフレームにある。太いタイヤだろうが街乗りスリックタイヤだろうが何
でもサマになるのだ

性能だけでなく自転車という乗り物が持つ美しさも追求してこそだと自分
は考える。そんな美学を持つライダーにこそ乗ってもらいたい1台だ。
乗れ!乗るべきだ!乗ってくださいお願いします



CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
タグ:MTB
posted by デューク栗本 at 23:55| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン系MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王滝100キロのバイク選び04 byHG

[本稿はお客様の投稿記事です]

王滝用マラソン系MTB候補検討その3

■GIANT/05NRS1
カンザキ阪急千里山店で
http://www.home.cs.puon.net/cskanzaki/2005/toka/nrs1.htm
なんと定価357,000円の40%OFF!!
販売価格 214,200円

王滝の優勝者が乗ったマシンです。
MAVIC CROSSMAXにフルXT。
リアサスのシステムも地味ながら永年継続モデルで良いらしい。
定価がハイソなので雑誌でしか見たことがなかったが、2006
年には廃番になるため手の届く価格になっている。
アフターで購入するのがメンドクサイMAVICのホイールが付いて
くるのはポイントが高い。
フロントサスはFOX FRL 80mmストローク、で重量的に文句なし。

 お店に置いてある現車を王滝用にと思えばオーラも漂ってくる。
が、置いてある現車は売れてしまったとのこと。しかし、最初に
別のショップで現車を見た時に「カーボンでダブサスで11.7kg
(420mm )ってワケ判らん(カーボンならもっと軽くても良いので
は)」と嘯いてしまったマイファーストインプレッションを思い
出した。
 ちょっと前の自分を否定できない自分の弱さもあり、どうも
ピンとこない。NRSを箱から出して組み立ててくれと叫ぶ気
にならないのである。
 皆さんはどんな感じでバイクを選んでるんでしょうね。
多分、私はフィーリングとタイミングです。
 王滝用バイク選びは迷宮入りに・・・・
自分がワケ判らん・・・

CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 01:39| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン系MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

王滝100キロのバイク選び03 byHG

[本稿はお客様の投稿記事です]

王滝用マラソン系MTB候補検討その2

■HARO/2004Werx XLS
カンザキ上新庄店で
http://www.1stbike.net/2004haro/04werxxls.htm
定価 ¥328,000
XTフルコンポで前後SPVユニットの
超フルスペックXC系バイクがっ
怒涛の半額、164,000円

無理を言って試乗させて貰いました。Webではドブねずみ色に見えますが、
実物はシックな黒です。
カッチョイイです。
佇まいからして良いバイクのオーラがあります。乗った感じもかなり良いです。
しかっ〜し。サイズが私には小さい・・・気がする・・・
ロードポジションが基本の私には違和感があります。

「実は4Xなんかにも使えるのですよ」カリスマ店長が耳元で囁きました。
「セットバックシートポストを入れて・・・」

 あーこれ一台でなんでも出来てしまうのか・・・しかもXTフルコンポで
この値段はあり得ん。一瞬クラクラしましたが、5年間で21台も自転車
を買うと、少しは成長します。購入を思いとどまりました。
今回は王滝用のマシン購入という明確なコンセプトがあります。

 実は、数年前に某ショップの通称「顔着店長」の勧めでサイズ小さ目
のMTBを買って、超長ステムに入れ替えて乗っていた、青春のほろ
苦い思い出があるのです。

小さめサイズはジャンプ系の皆さんの選択として定番のようですが、
1センチも前輪を上げられない私にはまだまだ早過ぎます。


CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 00:41| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン系MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

王滝100キロのバイク選び02 byHG

[本稿はお客様の投稿記事です]

王滝用マラソン系MTB候補検討

■トレック/フューエルEX9
 某ショップに現車あり、リアサスが思いのほかヒョコヒョコ動くので
王滝用には止めておいたおいた方が良いよとの某カリスマ店長のアドバイスあり、在庫がありながらお勧めしないなんて、なんて男前な店長。
試乗して見たかったな・・・

■スコット/ジーニアスMC10
 良いらしいが、高い。

■GT/ID−XC1.0
 某ショップで絶賛中良さそうです。
カンザキ阪急千里山店で定価417,900円の半額208,950円というのにソソラレル、フルXTだし。
しかし、初代I-driveを買って、腰高感とダンシング時の変な感じに辟易して今井監督
にあげてしまったという、ほろ苦い思い出があり。
まあ、3代目のI-driveは別物と思いたいのだが・・・
(別物らしいですが)

■GIANT/トランス1
 良さそうです。
ちょっと前なら2005モデルが安かったのですが・・・

■ロッキーマウンテン/ETSX30
 良さそう。某ショップのカリスマさんの愛車でもある。でも高い。

■メリダ/ミッションチーム
 メリダはスペシャライズドの親会社ですが、敢てメリダを選ぶ理由が・・・見当たらない。

■コメンサル/メタ4.10
 良いらしい。でも高い。


■ゲーリーフィッシャー/ケーク1DLX
 取扱店まで買いに行くのがメンドクサイ(マジで)

■マングース/テオカリスーパー
 DGjrさんの乗ってるのを試乗させてもらう機会があった。
良いですよこれは。

上記の他候補は
■VOODOO/BIZANGO
 フルXTでカンザキ阪急千里山店で想定価格327,600円を212,940円。
ポッジオ米田さんのを何回か試乗させてもらったが。良い!これは良い!

■JAMIS/DAKAR XC COMP
マッキーさんのを試乗させてもらったことがあるが、これは良いですよ。
某カリスマ店長も絶賛。

CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 00:48| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン系MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

王滝100キロのバイク選び01 byHG

[本稿はお客様の投稿記事です]
 
最初はMTBで街乗りしてました。
オンロードしか乗らないので、スリックタイヤに換装して。
そのうち距離を乗るようになると、お決まりのパターンで
ロードバイクへ。

ロードバイクに乗って足が出来ると、MTBの重さが気にならなくなった。
スリックタイヤに換装する気には全くならない(今のところ)。
MTBで走るのって結構面白いっす。

そんなところで王滝100キロ42キロにエントリー


今乗ってるのはトライアルバイクのリジッドフォークをサスペンションフォークへ換装し、
油圧ディスクブレーキを装着したプレイバイクもどきアルミハードテール。

BBハイトが高いし、重量が重い(14キロ)ので王滝用にMTBを新調した方が良いかも?

王滝用にはマラソン系MTBと言うのが良いらしい。
手元のサイクルスポーツ2005年2号に掲載されたのは以下の9台。
トレック/フューエルEX9
スコット/ジーニアスMC10
GT/ID-XC1.0
GIANT/トランス1
ロッキーマウンテン/ETSX30
メリダ/ミッションチーム
コメンサル/メタ4.10
ゲーリーフィッシャー/ケーク1DLX
マングース/テオカリスーパー

CSカンザキ阪急千里山店

自転車blogランキング
posted by デューク栗本 at 23:56| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン系MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。